世界津波の日

寒い一日でした。特に日が暮れると一層寒さが増します。

暖房やコートなどが活躍し始めています。気温差が大きいので体調管理で油断をしませんように。

さて、本日は、世界津波の日です。

2011年3月11日の東日本大震災を契機に作られた法律を根拠に制定され、その後、2015年の国連総会で決まったとのことです。

日本では津波防災の日だとのことだそうです。

津波ではありませんが、首里城や白川郷での火災、薩摩硫黄島の噴火・・・、日本はよく(自然)災害大国と言われているようです。

火災などの人災も含め、災害は忘れたころにやって来ると言いますが、今年の日本は忘れるどころか、次から次に災害が発生しています。

つい先月までは、特定の地域で、大雨に苦しめられました。その影響で、農産物や海産物に異変が起きました。

その結果、栗はまだ、かなり厳しいようです。一方、秋刀魚は、やっと漁獲量や大きさが、回復してきているようです。

ただ、今日も空気の乾燥が続き、火災が各地で発生し、8月から続くインフルエンザの流行も、本格化してきているようです。

いづれにしても、被害が可能な限り、出ないでほしいと願うばかりです。

むく夢空